商品一覧

Low-E ペアガラス

Low-E ペアガラス (複層ガラス)

Low-E ペアガラス

冬に室内から逃げ出す熱のうちの48%、夏に室内に侵入してくる熱のうちの71%が、窓などの開口部を介しています。 住まいの快適さを向上させ、冷暖房エネルギーとコストの無駄をなくすためには、窓の断熱が大切です! モデルハウス内の全ての窓をLow-Eペアガラスにしています。

Low-Eペアガラス

Low-Eペアガラス

Low-E ペアガラスとは?

Low-Eとは、Low Emissivityの略で、低放射を意味します。一般的な1枚ガラスが放射率が0.85程度なのに対し、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になるのが普通です。この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、熱を通しません。このLow-Eガラスは、板ガラスの表面に酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーティングすることでつくられます。金属膜といっても、薄く色がつく程度のコーティングです。

Low-Eガラスは、ペアガラス(複層ガラス)に組み合わせて使用することが多くあります。ペアガラスは、2枚もしくは3枚のガラスで乾燥した空気の層やガスの層をサンドイッチしたもの。そこで使われるガラスの1枚のLow-Eガラスにし、断熱性をさらに高めることができます。

室内から逃げ出す熱

冬に室内から逃げ出す熱のうちの48%、夏に室内に侵入してくる熱のうちの71%が、窓などの開口部を介しています。住まいの快適さを向上させ、冷暖房エネルギーとコストの無駄をなくすためには、窓の断熱が大切です!

ペアガラスにする

ペアガラスにする

 

img_017Q Low-Eペアガラスは断熱?遮熱?

A 実はどちらも正解。正確にいうと、Low-Eガラスは使い方によって断熱性を高め、遮熱性も高めます。

太陽や地面からの照り返しなど、外から家の中に入ろうとする熱を遮断するのが、遮熱。これに対して断熱は冬場、暖房で温めた室内の熱が外に伝わらないようにすることを指します。この遮熱と断熱はペアガラスのどの面に金属膜をコーティングするかで使い分けすることができます。

例えば、遮熱の場合、ペアガラスの室外側ガラスの内面に金属膜をコーティングすると、外の熱が伝わりにくくなり、断熱の場合は、ペアガラスの室内側ガラスの外側面に金属膜をコーティングすると、室内の熱が外に奪われることを防ぎやすくなります。このことを踏まえ、日当たりのよい南側の窓は断熱仕様にし、夕日の暑さが厳しい西側の窓は遮熱仕様にするなど、使い分けることもできます。モデルハウスでは、室外側ガラスを金属膜でコーティングした、遮熱タイプを使用しています。

Q 結露はしないの?

結露の正体は、家の中の空気に含まれる水分です。空気中の水分の量は、温度が高いほど多く、低くなるにつれて少なくなります。窓ガラスに付く結露は、家の中の空気が冷たいガラス表面に触れることで水分飽和状態となり、水滴に変化する現象です。

冬や明け方に発生しやすいのは、家の外の冷気がガラスを冷やすからです。ペアガラスは、2枚のガラスの間にある空気の断熱性能を利用して、室外の冷気が室内側のガラスに伝わるのを防ぐため、結露が発生しにくくなります。冬の朝、カーテンが汚れず、お掃除の手間も省けます。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。

ページ上部へ戻る