製品のご紹介|創業70年の宮宅建設|兵庫県加古川市尾上町 

Product introduction製品のご紹介

太陽熱コレクター

ハイブリッドソーラーハウスは、太陽熱を吸収するための太陽熱コレクターを屋根の上に設置します。
太陽光発電のパネルのように屋根の仕上げの上に置くのではなく、
屋根を葺く前に屋根下地に直接取り付ける屋根一体型太陽熱集熱器を使います。

太陽熱コレクター
太陽熱コレクター

ハイブリッドソーラーハウスは、太陽熱を吸収するための太陽熱コレクターを屋根の上に設置します。太陽光発電のパネルのように屋根の仕上げの上に置くのではなく、屋根を葺く前に屋根下地に直接取り付ける屋根一体型太陽熱集熱器を使います。外観上も屋根からコレクターが飛び出さず、すっきりした感じに仕上がります。外部はステンレスと強化ガラスで覆われ、集熱器が防雨機能を持ち、集熱器そのものが屋根材を兼ねます。

太陽熱を受ける集熱部分は、太陽熱で熱くなった際に熱放射を抑えて熱変換効率を高める技術(選択吸収膜処理)を施したアルミニウム製の集熱フィンと、集熱フィンに組み込まれた直径7mmの銅パイプで構成されています。この中に少量の熱媒液(不凍液)を循環させて床下の蓄熱層や貯湯タンクへ太陽熱を運び、蓄えさせます。常時流れる熱媒液の量はコレクター1枚あたり約1リットルとわずかなめ、全体の重量でもスレート瓦の7割程度という軽さであり、屋根構造への負担を解消しています。

太陽熱コレクター

モデルハウスの屋根には、太陽光パネルと太陽熱コレクターの両方を載せています。凹型に設置しているのが、太陽光パネル、その上に設置しているのが、太陽熱コレクターです。

Q太陽光コレクターは何台必要か?
A

集熱器設置面積は、充分な断熱性能を持つ2階建て戸建住宅の場合で、蓄熱床面積の25~30%程度です。しかし、建物の条件や補助暖房をどの程度許容するかによって、変わります。建物の暖房に必要なエネルギーの計算等で、比率は建物ごとに異なります。コレクターが少ないと家が寒くなるというわけではなく、その分補助暖房で手伝う分が増えることになります。また、断熱性能が低いままで、その分を集熱面積の増加で補うことは良いことではありません。

Q太陽光発電との違いは?
A

太陽光発電は、生み出される電気エネルギーが何にでも使用できるという質の高さは注目に値しますが、太陽エネルギーから取り出すエネルギー量が、ハイブリッドソーラーハウスと比較して、3~4分の1と効率が悪く、暖房や給湯を目的とする場合には不利といえます。電力ならではの用途を考え、使い分ける工夫が必要です。

Q太陽光コレクターの表面のガラスの汚れが心配ですが…
A

雨で汚れは流れますので、通常の天窓と同じく日常的なクリーニングの必要はありません。しかし、新設後の美しさを保つことは不可能なので、あらかじめ汚れによる日射取得量の低下を5%程度見込んであります。

コンクリート蓄熱層

家の床部分に厚み20cmのコンクリートを布設し、
そこに20cm間隔で給熱パイプ(ポリブテン管で繋ぎ目はありません。)を配管し、
それに太陽で温められた温水(30~35℃)をまんべんなく循環させ、コンクリートを温めます。

コンクリート蓄熱層

石やコンクリートが蓄熱体となり得ることを知っていますか?石焼ビビンバの石はずーっと熱いetc…と言えばイメージが沸くのではないでしょうか。そのような原理でコンクリートを利用して、熱を蓄える方法を用いて、家を温めるのです。

家の床部分に厚み20cmのコンクリートを布設し、そこに20cm間隔で給熱パイプ(ポリブテン管で繋ぎ目はありません。)を配管し、それに太陽で温められた温水(30~35℃)をまんべんなく循環させ、コンクリートを温めます。コンクリートの下にはしっかり断熱をして、地中に熱を逃さないようにして、床を温めます。床下を一周した配管内の温水はコンクリートを温めるために、温度が下がってしまいます。しかし、それをまた屋根に上げて太陽熱で温め直してから、再度床下のコンクリート内を通します。この繰り返しで、床下コンクリートの温度を上げていきます。そうすれば日中晴天ならば家じゅうがその恩恵で朝方まで暖房する熱を蓄えることができるのです。

ほぼ家全面に敷き詰めた蓄熱床の熱容量は大きく、なかなか温まりませんが、逆に一度温まるとなかなか冷めません。夕方、太陽が沈んでも温められたコンクリートからはほのかな暖かい熱(輻射熱)が感じられ、朝までその熱を放ち続けるのです。

Q配管が水垢で詰まることはない?
A

一般に水垢と言われるものは、水に溶けた鉄分やごく微量のカルシウムなどの硬水成分が固体化したものです。
ハイブリッドソーラーハウスの熱媒液(不凍液)は、密閉された回路を循環するだけですから、外部から異物が入る恐れはなく、目詰まりの心配はありません。また、樹脂製のパイプでは化学的に水垢の発生の可能性はありません。

Q縁の下がないけど大丈夫?
A

一般的に日本の住宅には縁の下があり、通気口があります。通気口は暖房室から床下に侵入した湿気が、床下で冷却されて結露するのを防止するものです。暖房器を使用し室内湿度を上げ、その湿気が床下に抜けると、暖房通気口の配置が良くない場合には、床下が腐ることもあります。
しかし、ハイブリッドソーラーハウスのような「土間床工法」はそもそも床下に湿気が侵入することはなく、特に冬期は乾燥状態になるのでより安全です。地盤から湿気が上がるのを心配する人もいますが、そんなことは起こりません。

Q低温やけどの心配は?
A

一般的な床暖房の場合、スイッチを入れてから暖かくなるまでの立ち上がり時間を短くするため、床板裏面の熱源温度は50度以上の高温になります。床を覆うものがない状態であると、この熱は室内に向かって放出されるため、床表面温度は30度程度を維持します。ところが床の表面に長時間寝そべって放熱を押さえ込んでしまうと接触面の温度は床下の熱源温度に近づきます。低温やけどを起こすのはこのような現象です。
ハイブリッドソーラーハウスは、立ち上がり時間の不要な蓄熱方式なので、床下の蓄熱温度は30~35度程度と低温なのが特徴です。床面でいくら寝そべっても低温やけどの心配はありません。

チャフウォール

モミ殻や貝殻を使った天然素材で、抗菌性や吸湿性に優れ、消臭効果も発揮する画期的な壁材です。
従来の化学物質を使ったものと比べ、有害物質はいっさい発生しません。
空気中に拡散された有害化学物質を吸着除去します。

チャフウォール

吸収する壁・天然素材の革命的壁材 チャフウォール

モミ殻や貝殻を使った天然素材で、抗菌性や吸湿性に優れ、消臭効果も発揮する画期的な壁材です。 従来の化学物質を使ったものと比べ、有害物質はいっさい発生しません。空気中に拡散された有害化学物質を吸着除去します。 また、下地から放出される化学物質を封じこめ、室内環境を改善し住生活を快適にします。お部屋の消臭と結露防止、防カビ、防ダニに驚異的な効果を発揮します。

消臭・抗菌・湿気対策に絶大な効果を発揮します!

天然素材
1天然素材

原料は100%天然素材で有害物質は一切含みません。

ホタテ貝殻 カルシウム 96.7%以上

モミ殻   シリカ 96.6%以上

2化学物質低減作用

空気中に拡散された、有害物質を吸着除去します。下地から放出される化学物質を封じ込めます。

シックハウス対応

現在使用されている内装材の多くにホルムアルデヒドやVOCが含まれています。それらが原因のシックハウス症候群には、目・鼻・のどの刺激症状、粘膜の乾燥、皮膚の紅斑・湿疹、頭痛、めまい等々、さまざまな症状があるといわれています。チャフウォールは、以上のようなシックハウス症候群に対応しうるもので、ホルムアルデヒドを1/120に、VOCを1/3以下に減少させます。

また、既存の壁にチャフウォールを塗装すれば、下地から放出される化学物質を封じ込め、さらに廃棄焼却してもダイオキシンの発生を低減させることができます。

3消臭性

タバコやペットの臭い、各家庭特有の生活臭の消臭に強力な効果を発揮します。

消臭性
4吸放湿性

吸放湿性にすぐれ、通気性と併せて室内の結露防止と保温の効果があります。

消臭性
5抗菌性

天然素材の持つ高い抗菌性を保ちながら、ガビやダニの発生をも防ぎます。

抗菌性
6防火性

ホタテ貝殻は不燃性、モミ殻は準不燃性の防火性能試験に合格しています。

防火性
Qなぜ、ホタテ貝殻とモミ殻なのか?
A

これまでも漆喰壁、珪藻土等がありますが、それは有限の天然素材です。それに比べてチャフウォールは現在年間260万トンのモミ殻と15万トンのホタテ貝殻が廃棄されており、これらの未利用資源を使い、資源の有効活用を行なっています。なおかつ、人の健康を最優先に考えた素材です。

Qタバコの臭いはどの程度、消えるのか? タバコによる壁の黄ばみにも有効か?
A

カルシウムペイント(ホタテ貝殻)は強アルカリなので酸性のニオイ、特にタバコの煙を吸着除去してくれます。それにより、黄ばみもありません。

Q結露防止にどれくらい有効?
A

ホタテ貝殻、モミ殻の素材が多孔質なので、水分コントロールをし、壁自体は全く結露しません。また、単体でも吸放湿機能がありますが、ホタテ貝殻にモミ殻を混入することで、さらに効果を高めることができます。

Low-E ペアガラス

冬に室内から逃げ出す熱のうちの48%、夏に室内に侵入してくる熱のうちの71%が、窓などの開口部を介しています。 住まいの快適さを向上させ、冷暖房エネルギーとコストの無駄をなくすためには、窓の断熱が大切です! モデルハウス内の全ての窓をLow-Eペアガラスにしています。

Low-E ペアガラス
Low-E ペアガラス

Low-Eとは、Low Emissivityの略で、低放射を意味します。一般的な1枚ガラスが放射率が0.85程度なのに対し、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になるのが普通です。この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、熱を通しません。このLow-Eガラスは、板ガラスの表面に酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーティングすることでつくられます。金属膜といっても、薄く色がつく程度のコーティングです。

Low-Eガラスは、ペアガラス(複層ガラス)に組み合わせて使用することが多くあります。ペアガラスは、2枚もしくは3枚のガラスで乾燥した空気の層やガスの層をサンドイッチしたもの。そこで使われるガラスの1枚のLow-Eガラスにし、断熱性をさらに高めることができます。

Low-E ペアガラス

冬に室内から逃げ出す熱のうちの48%、夏に室内に侵入してくる熱のうちの71%が、窓などの開口部を介しています。住まいの快適さを向上させ、冷暖房エネルギーとコストの無駄をなくすためには、窓の断熱が大切です!

Low-E ペアガラス
QLow-Eペアガラスは断熱?遮熱?
A

実はどちらも正解。正確にいうと、Low-Eガラスは使い方によって断熱性を高め、遮熱性も高めます。

太陽や地面からの照り返しなど、外から家の中に入ろうとする熱を遮断するのが、遮熱。これに対して断熱は冬場、暖房で温めた室内の熱が外に伝わらないようにすることを指します。この遮熱と断熱はペアガラスのどの面に金属膜をコーティングするかで使い分けすることができます。

Low-EペアガラスLow-Eペアガラス

例えば、遮熱の場合、ペアガラスの室外側ガラスの内面に金属膜をコーティングすると、外の熱が伝わりにくくなり、断熱の場合は、ペアガラスの室内側ガラスの外側面に金属膜をコーティングすると、室内の熱が外に奪われることを防ぎやすくなります。このことを踏まえ、日当たりのよい南側の窓は断熱仕様にし、夕日の暑さが厳しい西側の窓は遮熱仕様にするなど、使い分けることもできます。モデルハウスでは、室外側ガラスを金属膜でコーティングした、遮熱タイプを使用しています。

Q結露はしないの?
A

結露の正体は、家の中の空気に含まれる水分です。空気中の水分の量は、温度が高いほど多く、低くなるにつれて少なくなります。窓ガラスに付く結露は、家の中の空気が冷たいガラス表面に触れることで水分飽和状態となり、水滴に変化する現象です。

冬や明け方に発生しやすいのは、家の外の冷気がガラスを冷やすからです。ペアガラスは、2枚のガラスの間にある空気の断熱性能を利用して、室外の冷気が室内側のガラスに伝わるのを防ぐため、結露が発生しにくくなります。冬の朝、カーテンが汚れず、お掃除の手間も省けます。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。

セルローズファイバー

セルローズファイバーは回収された新聞古紙を主原料に防熱・撥水性能を付加した製品です。
国内で製造を開始以来同様の製造方法を採用しており、過去においてもアスベストは使用して
おりません。

セルローズファイバー

セルローズファイバーとは?

セルローズファイバーは、新聞店などで売れ残った新聞をリサイクルしたもの。40 坪の家1棟で約1.2 トン使用するので、新聞紙に換算すると、なんと約15~18 年年分の新聞紙をリサイクルしたことになります。
また、一般に使用されているガラス繊維断熱材を製造する為に使用する製造エネルギーに比べ、約1/7 の製造エネルギーで作ることができます。

もともと断熱性が高い木を、綿のように加工

太陽熱コレクター

新聞紙はもともと「木」。木は無数の空気胞をもつ木質繊維からなっていて、断熱性能はガラスの7倍。その木質繊維でつくった綿のようなもの。 だから、セルローズファイバーは、「高断熱」なのです!

もともと断熱性が高い木を、綿のように加工

太陽熱コレクター

セルローズ断熱材施工

新聞紙はもともと「木」。木は無数の空気胞をもつ木質繊維からなっていて、断熱性能はガラスの7倍。その木質繊維でつくった綿のようなもの。 だから、セルローズファイバーは、「高断熱」なのです!

Q新聞紙が原料で燃えませんか?
A

新聞紙そのものはご存知の通り、よく燃えます。しかし、セルローズファイバーは難燃処理を施しており、炎をあてても表面から炭化していくだけです。古紙を原料としているため、万が一の火災でも有毒なガスを発生することはありません。

Q新聞の印刷インキは安全なの?
A

新聞社は実際に新聞を手にして読むお客様を想定して、安全なインキを使用しています。手にしても安全な素材だから断熱材の原料としても安心というわけです。

レインバンク

150リットルの貯留量で、雨水を貯めることができます。

レインバンク
レインバンク

150リットルの貯留量で、雨水を貯めることができます。

楕円形状で耐水圧性も高く、狭い場所への設置も可能です。

取水口を雨といに取り付け、タンクを据え付けるだけで本格的な雨水利用が可能になります。

また、タンクが満水になれば、自動的に雨といへ排出されるオーバーフロー機能がついているので、あふれを防止することもできます。

年間5,000円から20,000円ほどの節水効果があると期待されます。

天窓~スカイビューシリーズ~

見上げると空がある。高い位置から光と風を感じる窓です。
手の届かない位置へ取り付け、開放感とともに、下から上へと風の通り道を作り、
空気の循環・天窓からの排熱を促します。

天窓~スカイビューシリーズ~

夏涼しく、冬暖かい安全なガラス

夏涼しく、冬暖かい安全なガラス

室外からの日射熱を60~65%カット。遮熱・断熱効果の高いLow-Eトリプルガラスを標準採用しています。

紫外線を88~98%カットするので、インテリアの色あせや劣化を軽減することができます。

モデルハウスでは電動開閉タイプ、ブラインド付を設置しています。

モデルハウスでは電動開閉タイプ、ブラインド付
を設置しています。

天窓~スカイビューシリーズ~
タイマー付リモコン
リモコンで簡単遠隔操作が可能。窓とブラインドそれぞれにタイマーの設定が可能。
ローラーブラインド
日差しを和らげるロール式ブラインド。
吹き込みセンサー
センサーが雨を感知すると、自動で窓が閉まります。閉め忘れの外出でも安心。
網戸
夏でも安心して新鮮な空気を取り込める。
Qガラスの汚れが気になります。
A

表面の埃による汚れは、雨により流され、汚れの溜まりやすい下方のガラス面は室内から見えない様に設計されています。また、手の届く位置での使用の場合、外側のガラスも室内側から容易に掃除できる使いやすい設計になっています。

エコカラット

「エコカラット」は、粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材です。

エコカラット

エコカラットとは?

「エコカラット」は、粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材です。

エコカラットの微細な孔は、湿気を吸ったり吐いたりするのに適した大きさに設計されていて、室内の湿度が高くなるとこの孔が湿気を吸収して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出して潤いを与えます。

夏場のジメジメや冬場のカラカラも、この吸放湿機能によって、自然に調節できるようになっています。

エコカラットの特徴

エコカラットの特徴
Q材質は何ですか?
A

多孔質セラミックです。

粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を、タイル状に焼いて、インテリアで使用できるようにしたものです。この微細な1ナノメートル(1mmの百万分の1)の孔に空気中の湿気が入ったり出たりすることで、湿気を吸収したり放出したりして、湿度を変化させる働きをしていると考えられています。

Qどんな部屋に使えるの?
A

リビングや寝室、子供部屋、玄関、トイレにおすすめです。

インテリア性はもちろん、居室では生活臭や結露の低減、お客様を迎える玄関や、湿気やニオイがこもりがちなトイレなどに向いています。

Qどのくらい使えばよいのですか?
A

居間なら4~5㎡以上、トイレなら1㎡以上がおすすめです。

実際には部屋の広さや、窓の大きさ、換気等によって効果は変わりますので、あくまでも目安です。一般には、部屋の床面積の半分に相当する㎡数、1畳あたり1㎡程度が目安です。

エコカラット3つのチカラ

調湿力
調湿力

室内の湿度が高くなると湿気を吸収、湿気が低くなると湿気を放出。肌やノドに優しい湿度に室内を保とうとする働きがあり、梅雨のジメジメ、冬の過乾燥や結露を軽減します。

ニオイ吸着力
ニオイ吸着力

暮らしのなかには人が不快に感じるさまざまな生活臭であふれています。エコカラットは、ペット臭、生ゴミの腐敗臭、トイレ臭、タバコ臭など生活臭の原因物質を吸着し、悪臭を軽減します。

VOC吸着力
VOC吸着力

建材や家具などから揮発するホルムアルデヒドなどの有害物質は、粘膜刺激性が強く、喘息やアトピーなどの症状を悪化させるとも言われています。エコカラットは、空気中の有害物質VOC(揮発性有機化合物)を吸着し、空気をキレイにします。

「調湿」、「ニオイ吸着」、「VOC吸着」
の3つの働きをゼロエネルギーで実現できます。

調湿力
調湿力

室内の湿度が高くなると湿気を吸収、湿気が低くなると湿気を放出。肌やノドに優しい湿度に室内を保とうとする働きがあり、梅雨のジメジメ、冬の過乾燥や結露を軽減します。

ニオイ吸着力
ニオイ吸着力

暮らしのなかには人が不快に感じるさまざまな生活臭であふれています。エコカラットは、ペット臭、生ゴミの腐敗臭、トイレ臭、タバコ臭など生活臭の原因物質を吸着し、悪臭を軽減します。

VOC吸着力
VOC吸着力

建材や家具などから揮発するホルムアルデヒドなどの有害物質は、粘膜刺激性が強く、喘息やアトピーなどの症状を悪化させるとも言われています。エコカラットは、空気中の有害物質VOC(揮発性有機化合物)を吸着し、空気をキレイにします。

MENU